水口克也(港区赤坂で働くIT系社長)オフィシャルサイト

SSHでのログインについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SSHを利用して、リモートでサーバにログインする場合は、セキュリティ上、
rootユーザーでのログインを禁止したほうが良いと考えられます。

rootユーザーのパスワードを推測され、サーバーにログインされてしまうと、
システムを壊されてしまうおそれがあるからです。

CentOSの場合、SSHサーバの設定は、/etc/ssh/sshd_configファイルで行います。
「PermitRootLogin yes」となっていれば、rootログインが許可されています。
「PermitRootLogin no」とすれば、rootユーザーでのログインを禁止します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ「Linux初心者の基礎知識」

著書

連載雑誌