水口克也(港区赤坂で働くIT系社長)オフィシャルサイト

tcpdchkコマンドとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

/etc/hosts.allowと/etc/hosts.denyでは、ホストやネットワーク単位でのアクセス制御を設定できます。
/etc/hosts.allowに記述された条件とマッチした場合、アクセスは許可されます。そうでない場合は/etc/hosts.denyがチェックされ、記述された条件とマッチした場合、アクセスは拒否されます。
両方のファイルにマッチする条件がなかったものについてはアクセスが許可されます。

tcpdchkコマンドを使うと、構文誤りなどファイルの設定をチェックすることができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ「Linux初心者の基礎知識」

著書

連載雑誌