水口克也(港区赤坂で働くIT系社長)オフィシャルサイト

C言語中級編「02.分割コンパイルついて」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機能ごとの開発を可能にするため、分割コンパイルを行います。
大きい規模のアプリケーションを作るためには、様々な機能を実装する必要があります。

これらは複数人で開発することになりますが、同時に一つのソースファイルを編集することはできませんので、各機能ごとに担当を分けます。

全員が同時にコーディングを終えて、コンパイルしてテストを行うことは難しいです。
よって自分の担当の機能だけコンパイルしてテストを行えるようにすることが必要になります。

もしある機能のモジュールを修正したいとなったときも、その機能のモジュールだけを再コンパイルすればよくなり、全機能をコンパイルする必要がなく、コンパイルの時間を短縮することができます。

ある機能を作っておけば、違うアプリケーションの作成のときに、再利用することもできます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ「Linux初心者の基礎知識」

著書

連載雑誌