水口克也(港区赤坂で働くIT系社長)オフィシャルサイト

ソースコードが無料で公開されているLinux

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Linuxは、フィンランドのヘルシンキ大学の学生だったリーナス・トーバルズ
(Linus Torvalds、1969年12月28日生まれ)によって開発され、
1991年9月に「Linuxバージョン0.01」としてインターネット上に公開されました。

最初は、ごく少数の限られた人たちにしか興味を持たれませんでしたが、
徐々にその存在がインターネットを通じて世界中に広まっていきました。

Linuxの特長の1つに、【ソースコード】が一般に無料で公開されていることが挙げられます。
そのため、開発者が自由に機能を追加したり、問題を修正したりできます。

さらにそれらを公開することで、新たな成果を共有でき、
バグの修正やバージョンアップが頻繁に行われ、世界規模で開発者が
プログラムの修正を行うことができるようになります。

リーナス・トーバルズは、Linuxの中心的なシステムの開発者であり、
また管理者的な立場で、このプロジェクトを大成功に導いています。

以下も参考にしてください!
http://amzn.asia/7Bt4vOS

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ「Linux初心者の基礎知識」

著書

連載雑誌