水口克也(港区赤坂で働くIT系社長)オフィシャルサイト

代表的なディストリビューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディストリビューションには、たくさんの種類があり、特に有名なのが有料版のRedhat Enterprise Linuxで、企業のシステムで多く使われています。また、その無料版としてCentOSもあり、自宅などで個人的に使用するのであれば、無料版のディストリビューションでも基本的に大きな問題はありません。

有料版と無料版の違いを簡単に説明すると、そのディストリビューションに「サポートがあるか、ないか」の違いで、企業でサーバとして使用する際は有料版を導入し、サポートを受けるこをが一般的です。無料版の場合は、自己責任のもとでの使用になり、何かトラブルが起きたとしても自分で解決する必要があります。

Linuxのディストリビューションは、大きくわけてRedHat系とDebian系の2種類があります。

■RedHat系

1.Redhat Enterprise Linux
RedHat社によって開発、販売されている企業向けのLinuxディストリビューションです。
業務用として使用されており、シェアは一番です。

2.CentOS
Redhat Enterprise Linuxとの完全互換を目指したLinuxディストリビューションです。
Redhat Enterprise LinuxのクローンOSと呼ばれており、中身はほとんど同じです。
無料で入手できます。

3.Fedora
RedHat社の支援のもと、Fedoraプロジェクトで開発しているLinuxディストリビューションです。
半年ごとに最新リリースを実施しており、新しい技術を取り入れ、その成果をRedhat Enterprise Linuxにフィードバックしています。
無料で入手できます。

■Debian系

1.Debian GNU/Linux
Debianプロジェクトで開発を行っていて、パッケージ管理システムとしてdeb形式パッケージを使用しています。
無料で入手できます。

2.Ubuntu
Debian GNU/Linuxベースで開発され、Linux初心者にも親しみやすい特徴があります。
無料で入手できます。

以下も参考にしてください!
http://amzn.asia/7Bt4vOS

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ「Linux初心者の基礎知識」

著書

連載雑誌